ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

Windows 10 Windows 10の基本/基本操作

仮想デスクトップとは

更新日:

当たり前ですが普通のパソコンは画面は1つしかありません。Windowsではアプリやフォルダー、ファイルはいくらでも(メモリーに依存するが)開く事が出来ますが、画面がごちゃごちゃして作業がしづらくなってしまいます。

仮想デスクトップとは、それを仮想的に複数の画面を作り、切り替えて作業が出来るというものです。1台のパソコンがあたかも複数台あるような機能です。

仮想デスクトップを作るにはタスクバーのタスク ビューをクリックします。
仮想デスクトップ

画面の下部に「新しいデスクトップ」と表示するのでクリックします。
新しいデスクトップデスクトップ1とデスクトップ2というアイコンを表示します。最初にデスクトップ1を設定するのでデスクトップ1をクリックします。
デスクトップ

例えば、僕の仕事はホームページ制作ですので、デスクトップ1は仕事用の画面にします。HTMLソースとスマホ用のブラウザの画面を表示させます。
デスクトップデスクトップ2としてはメールとパソコン用のブラウザの画面を表示させます。
デスクトップ画面の切り替えはタスク ビューをクリックすることにより簡単に行えます。
タスク ビュー尚、画面の切り替えはCtrlキー+Windowsキー+←ないし→キーを同じに押すと一瞬で切り替える事が出来ます。

-Windows 10, Windows 10の基本/基本操作

Copyright© 自由気ままが良いね , 2018 AllRights Reserved.