ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

IT topics

カスペルスキー インターネット セキュリティの不具合(ChromeのGoogle マップで)

投稿日:

管理人はこれまで長く、一部を除きほぼ全ての端末でウイルスバスター クラウドを利用していました。2ライセンス持っているウイルスバスタークラウドの内の1ライセンスの期限を迎え、更新しようかと思っていた際、Amazonでカスペルスキーのセールを行い格安になっていたため、思い切って1ライセンスをカスペルスキーに変更しました。

変更した理由は、値段がかなり安かった事もありますが、ウイルスバスターのライセンスは3台までですが、カスペルスキーは5台までというのが大きな点です。対応OSがWindows、Mac、Android、iOSである事に変わりはありません。

しかし、長年使っていたものを変えるというのは結構勇気が必要で、無論、不具合が生じると厄介だからです。オンラインコード版なので、メーカーほHPからダウンロードして購入したアクティベーションキーを入力するだけで使えるようになります。

しかし、使い出してすぐに不具合が生じてしまいました。

管理人はGoogle マップのヘビーユーザーでほぼ毎日使います。このブログでも紹介している通り、旅行が趣味なので、相当に使います。Google マップのみ使っていて、他の地図アプリを使う事はありません。

今回とりあえず2台のデスクトップのWindowsにインストールしましたが、ChromeのGoogle マップが2台共フリーズします。Edgeでは問題ありません。(IEも参考のため試しましたがOKです)そこでChromeの不具合と思い、バージョンを確認した上で、ウイルスバスターをインストールしてあるWindowsのChromeからGoogle マップを確認しても問題は生じません。

この切り分けにより、カスペルスキー インターネット セキュリティの不具合である事が確定しました。

以下、具体的なカスペルスキー インターネット セキュリティによるGoogle マップの不具合を紹介します。

ペグマンをドラッグしてストリートビューにして徘徊すると、地図の拡大が図のようにおかしくなります。
不具合

更に、地図を縮小させると図のように更におかしくなります。Google マップを終了させて、再度起動させようとしても起動しません。
不具合

しかし、この不具合の解決方法はすぐに見つける事が出来ました。「カスペルスキー googleマップ フリーズ」で検索すると、解決方法があります。

この手順通りに行うとすぐに直りました。セキュリティソフトを入れ替える場合は、やはり注意が必要であるとつくづく実感しました。

-IT topics

Copyright© 自由気ままが良いね , 2020 AllRights Reserved.