ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

Windows 10 Windows 10のアプリ使い方

Windows Defenderについて

更新日:

Windows DefenderとはWindows 10に標準装備されている簡易セキュリティアプリです。インターネットで評価を見ても低いようですが、最低限の機能はあるので、ネット通販やネットバンキング、オンライントレードをしないのであれば、問題無いと自分では評価していますし、現実に管理人のMicrosoft SurfaceはWindows Defenderのみです。何故なら、メールすらしませんし、使うのはインターネットを見るのと検証のみだからです。インターネットのセキュリティは個人個人の考えに依存しますし、何をパソコンでするかが問題なのです。あまり評判などは気に掛ける必要は無いと考えます。インターネットしかしない初心者向けのアプリと言えます。

Windows DefenderはWindows 10に標準装備されているためインストールはありませんし、他のセキュリティアプリが無ければ自動的に有効になっています。有効になっているかを確認するには、タスクバーのアイコンを確認します。赤い×が無いと有効になっています。マウスをアイコンに乗せると「PCの状態:保護」と表示します。
Windows Defenderアイコンをクリックすると「開く」と表示するのでクリックします。
Windows DefenderWindows Defenderの「ホーム」タブの画面が開きます。「リアルタイム保護」が有効で、「ウイルスおよびスパイウェアの定義」が最新になっていれば問題はありません。必要であれば、「今すぐスキャン」をクリックしてウイルススキャンを行えます。
今すぐスキャン「更新」タブをクリックします。「ワンポイント」を読むと定義は自動的に更新しますが、「定義の更新」を必要に応じてクリックして最新にすることもできる、とありますので、念のために「定義の更新」をクリックしてみても良いでしょう。
定義の更新「履歴」タブをクリックすると、もし、ウイルス等が検出された場合、その履歴が記されます。ここでは何もありません。
履歴Windows Defenderには「設定」からも設定出来る項目がありますが、基本的にはいじる必要はありません。スタートボタンの「設定」、「更新とセキュリティ」、「Windows Defender」の順にクリックします。
設定

-Windows 10, Windows 10のアプリ使い方

Copyright© 自由気ままが良いね , 2018 AllRights Reserved.