ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

Windows 10 Windows 10の基本/基本操作

OneDriveの使い方

更新日:

OneDriveとは、複数の端末から同じフォルダやファイルをアクセス出来る、Microsoftが提供するクラウドストレージで、Windows 10ではOSの基本機能になっています。尚、OneDriveを使うにはMicrosoft アカウントでサインインする事が必要です。

OneDriveは、当初はSkyDriveという名前でWindows 8で導入され、Windows 8.1からOSの基本機能となりました。Windows 7にも対応していますが、OneDriveアプリのインストールが必要です。OneDriveはWindows以外、iPhoneは無論、MacやAndroidのスマホでもアプリをインストールする事により利用出来ます。

OneDriveの容量は5GBです。他のクラウドストレージではGoogle Driveは15GB、iPhoneのiCloudは5GBまでが無料です。Microsoftのタブレット端末SurfaceにはOffice 365が標準装備のため、OneDriveを1TBを1年間使えます。

エクスプローラーを開くとOneDriveのフォルダーがあります。
OneDrive

OneDriveには標準で「ドキュメント」、「画像」、「電子メールの添付ファイル」の3つのフォルダーがあります。フォルダーにはフォルダーを作成する事が出来ます。フォルダーを作成したいフォルダー内を右クリックし新規作成からフォルダーをクリックします。
3つのフォルダー

Windows 10のスターメニューにはOneDriveのアイコンがあり、クリックするとエクスプローラーからOneDriveを開きます。
OneDriveのアイコン

OneDriveを設定する場合はタスクバーの「^」をクリックし、雲のOneDriveのアイコンを右クリックして「設定」をクリックします。
設定

スポンサーリンク

「アカウント」タブではドライブの使用容量の確認や同期するフォルダーを選択出来ます。
アカウント

「設定」タブではWindows にサインインしたときに OneDrive を自動的に開始したり、OndeDrive を使ってこの PC 上のファイルにアクセスできるようにするといった設定を行えます。
設定

「自動保存」タブではドキュメントとピクチャの保存場所をPCないしOneDriveにする設定等が行えます。
自動保存

「ネットワーク」タブではアップロード及びダウンロードの速度調整を行えます。
ネットワーク

「Office」タブではファイルをOfficeと同期させる設定等を行えます。
Office

-Windows 10, Windows 10の基本/基本操作

Copyright© 自由気ままが良いね , 2018 AllRights Reserved.