ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

Windows 11の基本/基本操作 Windows

OneDriveで「同期の問題」が消えない時の対応方法

投稿日:

OneDriveを使っていて自動的にOneDriveに同期していると、「X個のファイルがOneDriveにアップロードされませんでした」というエラーとなりOneDriveのアイコンに「赤いX」が付いている事があります。検証したパソコンはWindows 11ですが、この対応方法はWindows 10、Windows 11共通です。

このエラーが発生していても、「X個のファイル」が同期しないだけで他のファイルは正常に同期します。放っておいても問題は無さそうですが「赤いX」は付いたままでどうも気になってしまいます。そこで、エラーを解消する対応方法説明します。

OneDriveアイコンに「赤いX」が付いています。OneDriveのアイコンをクリックします。
赤いX

「アイテムへのアクセス許可がありません。アイテムへのアクセス許可がないようです。アイテムを同期するための適切なアクセス許可があることを確認してください。」
というエラー内容となっています。消したいエラーになっているファイルをクリックします。
エラー

エラーが生じているファイルに移動します。そのファイルを削除します。
ファイルを削除

再度、OneDriveのアイコンをクリックすると一つのエラーが消えています。もう一つのエラーとなっているファイルをクリックします。
エラー

そのファイルを削除すると、OneDriveのアイコンからエラーが消えています。
ファイルを削除

-Windows 11の基本/基本操作, Windows

Copyright© 自由気ままが良いね , 2022 AllRights Reserved.