ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

Windows 11の基本/基本操作 Windows

OneDriveが自動起動しない場合の対応方法

投稿日:

OneDriveは基本的にはWindowsが起動すると自動的に起動しますが、何故か起動しない場合があります。管理人は複数のPCからOneDriveを使っているため、OneDriveのデータにアクセス出来ないと仕事が出来なくなり非常に困ります。そこでOneDriveが自動起動しなくなった際に即座に復旧するための対応方法を説明します。尚、検証したパソコンはWindows 11ですが、この対応方法はWindows 10、Windows 11共通です。

要約するとポイントは2つあります。OneDriveの設定で自動的に開始になっているか。スタートアップで有効になっているか。の2点です。管理人の場合は後者が問題となっていました。

まずはOneDriveの設定で自動的に開始になっているかを疑ってみます。OneDriveは起動していないとタスクトレイにアイコンはありません。手動で起動する必要があります。すべてのアプリの「O」の項目にあるOneDriveをクリックします。
OneDriveをクリック

OneDriveフォルダーを表示して、タスクトレイにアイコンが現れます。アイコンを右クリックして、「設定」をクリックします。
「設定」をクリック

「設定」タブをクリックし、「WindowsにサインインしたときにOneDriveを自動的に開始する」がチェックされている事を確認します。チェックされていない場合は自動的に開始しません。
OneDriveを自動的に開始する

次にスタートアップを確認します。「Ctrl」キーと「Shit」キーと「Esc」キーを同時に押してタスクマネージャーを起動します。
タスクマネージャーを起動

「スタートアップ」タブをクリックします。「Microsoft OneDrive」の状態が無効になっていたら右下の「有効にする」をクリックします。
「Microsoft OneDrive」の状態が無効

有効になります。Windowsを再起動します。タスクトレイにアイコンを表示しているとOKです。
有効

-Windows 11の基本/基本操作, Windows

Copyright© 自由気ままが良いね , 2022 AllRights Reserved.