ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

IT topics

NordVPNでセキュリティ向上!メリット・デメリットや利用シーンを解説

更新日:

外出先でフリーWi-Fiを使う人は多いでしょう。しかし、フリーWi-Fiは暗号化されていない場合があり、リスクが高いことも。

そんなときにVPNを利用すれば、安全かつセキュアにフリーWi-Fiを利用できます。また、自宅から社内システムにアクセスする場合や、情報規制のある海外から国内のWebサイトに接続する場合もVPNが役立ちます。

今回の記事では、VPNの中でも信頼性とコストパフォーマンスが高いNordVPNを解説。NordVPNでセキュリティを向上させ、安全にインターネットを利用しましょう。
NordVPN

VPNとは

VPNとは「Virtual Private Network」の略語で、日本語では仮想専用線と訳されます。

VPN接続はインターネット上に仮想の専用線を設定し、特定のユーザーのみが利用できる専用ネットワークです。VPNは「トンネリング」「暗号化」「カプセル化」の3つの技術から成り立っており、セキュリティを向上させて安全にデータをやりとりできます。

VPNから接続することにより、盗み見や盗聴といったリスクを避けて安全に通信することが可能です。

NordVPNとは

NordVPNは、VPNのサービスプロバイダです。NordVPNは2012年に、4人の幼なじみによって設立されました。

脅威対策機能は広告やトラッカー、マルウェアからユーザーを保護します。Webブラウジングがより快適に、スムーズに行えるようになります。

また、強力な暗号化はデータを安全に保護。NordVPNの採用している暗号化方式であるAESは、アメリカ軍が正式採用している方式です。

VPN接続はインターネットの速度が遅くなりがちですが、NordVPNは速度がほとんど落ちません。ロケーション数やサーバー数も多く、59カ国、5400台以上の高性能VPNサーバーを設置。

価格も安く、コストパフォーマンスのよいVPNサービスがNordVPNです。

NordVPNを利用するメリット・デメリット

NordVPNを利用するメリットは数多くあります。ここでは、NordVPNを利用するメリットとデメリットについて解説します。

メリット①セキュリティの向上

NordVPNのもっとも大きなメリットはセキュリティの向上です。
NordVPNでは256ビットのAES暗号化方式を採用。AESはアメリカ軍が正式採用している暗号化方式で、優秀なハッカーでも破ることができません。NordVPNに接続することで、盗み見や盗聴のリスクを気にすることなく安全にデータのやりとりができます。

また、NordVPNは脅威対策機能を搭載。脅威対策機能は、サイバー脅威がデバイスに損害を与える前に無力化する機能です。

そのため、NordVPNを利用すれば快適で楽しくWebブラウジングを行えます。NordVPNは、VPN+脅威対策機能で高いセキュリティを実現しました。

メリット②ネット広告のブロック

脅威対策機能はトラッカーやマルウェアだけでなく、ネット広告もブロックしてくれます。
読みたい記事を開いたら無数の広告やポップアップが画面上を覆っている。そんな経験は誰しもしたことがあるでしょう。お気に入りの曲や動画を、自動広告が邪魔することもあります。

そういった広告は邪魔なだけでなく、マルウェアを含むことも。

脅威対策機能は広告が読み込まれる前に停止させ、安全で快適なWebブラウジングを実現します。

メリット③利用料金が格安

通常、VPNを利用しようと思ったら月額1000円前後の料金がかかります。しかし、NordVPNのスタンダードプランなら460円から利用可能です。

ただし、NordVPNを格安で利用するためには長期契約が必要です。NordVPNのスタンダードプランの料金は以下のようになっています。

1ヶ月プラン 1380円
1年間プラン  570円
2年間プラン  460円

リーズナブルに利用するためには、1年間プラン以上がおすすめです。

NordVPNはトップクラスの機能を備えているにもかかわらず、値段が格安なのでコストパフォーマンスに優れています。たとえば、NordVPNとよく比較されるExpressVPNは、12ヶ月プランで8.32ドル(1109円)とNordVPNの2倍の料金です。

NordVPNはコストパフォーマンス抜群です。

メリット④30日間返金保証がある

NordVPNでは30日間返金保証を採用しています。利用して30日以内であれば返金してもらえるため、実質的には1ヶ月無料お試し期間と同等です。

返金保証があるのは、NordVPNがそれだけサービスに自信があるからにほかなりません。なお、返金手続きは以下のように簡単なものです。

1.NordVPNにログインして、ライブチャットを開く
2.ライブチャットを日本語に変更し、返金リクエストを行う
3.7日間以内に銀行口座に返金

メールで行う方法もありますが、ライブチャットの方がスムーズかつ早く返金手続きが終わります。

メリット⑤ノーログポリシーだから安心

VPN接続は暗号化されているため高いセキュリティが保たれています。しかし、肝心のVPNサーバーにログが残っていると、データが漏洩する危険性があります。データが漏洩すると暗号化の意味がありません。

そこで、NordVPNではノーログポリシー を採用しています。ノーログポリシーとは、ユーザーのIPアドレスや閲覧履歴を保管しないことです。ログを取らなければ、データの漏洩もあり得ません。

NordVPNは、ノーログポリシーなので高い安全性を誇ります。

メリット⑥ロケーション数・サーバー数が多い

NordVPNは、一般的なVPNプロバイダと比較してロケーション数とサーバー数が多いです。ロケーション数とは、サーバーが設置されている国の数のこと。

NordVPNのロケーション数は59カ国、サーバー数は5400以上となっています。サーバー数が多いと、「選択肢が多い」「普段使っているサーバーが混雑していても、ほかのサーバーに変更できる」といったメリットがあります。

また、海外で利用するときには、滞在場所と近いサーバーを選ぶことができます。物理的な距離が近いほどインターネットの接続速度も低下しません。

メリット⑦同時接続できるデバイス数が多い

NordVPNは、1つのアカウントにつき6台まで同時接続することができます。

同時接続数6台は、VPNサービスの中でも多い方です。ほかのVPNプロバイダでは、1アカウントにつき1台しか利用できないことも珍しくありません。

1アカウントにつき6台が同時接続できると、家族や恋人とアカウントをシェアすることができます。3人で2つのデバイスずつ利用するとしても、1人あたりの実質的な料金はとても安くなります。

また、複数台のデバイスを個人で持っている場合にも便利です。

メリット⑧アプリが使いやすい

NordVPNのアプリはとても使いやすいと評判です。

アプリをダウンロードして、NordVPNのアカウントでログイン。あとは好きな国をタップするだけでVPN接続が完了です。クイックコネクト機能をオンにすると、最適かつ安全なVPNサーバーに自動的に接続されます。

NordVPNのアプリは、「Windows」「Mac」「Android」「IOS」「Linux」「Android TV」などあらゆるOSに対応しています。くわえて、「Chrome」「Firefox」「Edge」といったWebブラウザにも対応。

また、面倒くさい初期設定もありません。

NordVPNのアプリで、手軽にVPN接続を行いましょう。

デメリット①通信速度がわずかに落ちる

VPNはその仕様上、接続すると速度の低下は避けられません。

VPNの主な役割は接続を暗号化し、安全なVPNサーバーを介してデータを送信することです。インターネット上にトンネルを作るため、接続速度は低下します。

しかし、NordVPNは高品質なVPNサーバーを採用しているため、速度の低下を最小限に抑えることが可能です。

とはいえ、通信速度がわずかにでも下がるのはデメリットです。

デメリット②長期契約が必要

NordVPNをリーズナブルに利用しようとすると、長期契約が必要となります。NordVPNの料金は1ヶ月プランで1380円、1年間プランで570円、2年間プランで460円と長期契約になるほどお得になるからです。

1ヶ月プランでは、NordVPNのコストパフォーマンスを十分に発揮できません。そのため、長期契約が必要です。

長期契約は1ヶ月ごとの料金が安くなりますが、一括して支払わなければならないというデメリットも。

長期契約をしないと、NordVPNのコストパフォーマンスは下がります。

デメリット③無料お試し期間がない

多くのVPNプロバイダは無料お試し期間を設けています。

しかし、NordVPNは無料お試し期間ではなく30日間返金保証で対応。30日間返金保証は実質的に無料お試し期間と同等のサービスです。しかし、無料お試し期間では返金手続きが必要ありませんが、30日間返金保証では返金手続きが必要となります。

そのため、無料お試し期間に比べて一手間かかります。

NordVPNを利用するシーン

NordVPNはどんなシーンで利用されるのかについて解説します。

フリーWi-Fiに接続

外出先からフリーWi-Fiで接続するとき、NordVPNは強い味方です。

フリーWi-Fiとは、公共の場所やコンビニ、カフェの店内などで誰でも利用できるWi-Fiスポットのこと。無料で提供されており、「公衆無線LAN」「無料Wi-Fiスポット」と呼ばれることもあります。

フリーWi-Fiにはセキュリティの甘いものも少なくありません。そのため、NordVPNを利用して暗号化することで安全に接続できます。特に、ビジネスのデータをやりとりする場合はNordVPNでセキュリティを高めましょう。

自宅や外出先から社内ネットワークに接続

コロナ禍でテレワークやリモートワークが浸透しました。テレワークやリモートワークでは、社外ネットワークから社内LANにアクセスするニーズが高まっています。

社内システムにリモートアクセスすることで、テレワークでも社内にいるのと同じ環境で仕事をすることが可能です。

しかし、リモートアクセス時に問題になるのは情報漏洩や不正アクセス。これらのセキュリティ問題をクリアするならNordVPNが最適です。

NordVPNなら、データの暗号化やトンネリングによって安全に社内システムに接続できます。

情報規制のある海外から接続

情報規制のある海外に滞在している場合、NordVPNでの接続が役に立ちます。

情報規制のある海外では、日本国内のWebサイトやWebサービスに接続できないことも。そんなときにNordVPNを利用すれば、規制を回避しながら日本国内のWebサイトにアクセスできます。

フリーWi-Fiに接続するリスク

フリーWi-Fiにそのまま接続することにはリスクがあります。フリーWi-Fiに接続するリスクについて解説します。

盗聴・のぞき見

暗号化されていないフリーWi-Fiでは、通信を盗聴されたり盗み見られたりするリスクがあります。通信が暗号化されていないと、閲覧しているWebサイトや送受信したメールが第三者に漏洩する危険性が高いです。

同じフリーWi-Fi内で通信を傍受している第三者に悪意があった場合、「偽物のWebサイトに誘導」「メールを送りつけてウイルスを感染させる」「パスワードを盗む」といった恐れもあります。

なりすましアクセスポイント

なりすましアクセスポイントとは、カフェやコンビニなどが正規に提供しているWi-Fi名に似せたり、同じWi-Fi名を偽装したりするアクセスポイントです。

なりすましアクセスポイントにアクセスすると、偽物のWebサイトに誘導されたり端末に侵入されたりといった被害に遭う恐れがあります。

NordVPNでフリーWi-Fiに接続するセキュリティメリット

NordVPNでフリーWi-Fiに接続すると、いくつかのセキュリティ上のメリットがあります。

暗号化によるセキュリティ

フリーWi-Fiは、スマートフォンなどのデバイスからアクセスポイントまでが暗号化されていないことがあります。暗号化されていないと、同じアクセスポイントを利用している第三者に通信内容が盗聴される恐れがあり危険です。

しかし、NordVPNを利用することで通信が暗号化されます。通信内容を盗聴されたり盗み見られたりすることを防げます。

NordVPNを利用してフリーWi-Fiに接続することで、プライバシーや個人情報を保護することが可能です。

高い信頼性

フリーWi-Fiに接続するときに、VPNならどれでもよいわけではありません。

たとえば、無料のVPNはセキュリティに脆弱性が存在する場合があります。また、ネットワークが混雑しており、大幅な速度低下を招くことも。

一方、NordVPNは高性能のVPNサーバーを利用しており、暗号化でも高い信頼性を誇ります。また、NordVPNでは脆弱性が発見され次第、修正されます。

そのため、安心してフリーWi-Fiに接続することが可能です。

まとめ

VPNとは仮想専用線のことです。「トンネリング」「暗号化」「カプセル化」技術でセキュリティを向上させることができます。VPNを使えば盗聴や盗み見のリスクを低下させ、安全にインターネットを楽しむことが可能です。

NordVPNにはたくさんのメリットがあります。「セキュリティの向上」「ネット広告のブロック」「利用料金が安い」などが代表的なメリットです。

フリーWi-Fiに接続するときに、NordVPNを介することで安全に利用できます。NordVPNの高い信頼性と暗号化技術によって、悪意ある第三者からの攻撃を防止可能です。

NordVPNを利用して、安全でセキュアなインターネット接続を実現しましょう。

-IT topics

Copyright© 自由気ままが良いね , 2022 AllRights Reserved.