ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

iPhone iPhoneのSafariの使い方

iPhoneのSafariのWebページからHTMLソースを表示させる方法

投稿日:

Windowsであれば右クリックで簡単に、WebページからHTMLソースを表示させる事が出来ますが、iPhoneでは出来ません。又、標準の機能では不可能のため、アプリを使う事になります。様々なアプリがありますが、無料でシンプルな「View Source」を使いました。

最初にApp Storeから「view source」で検索します。様々なアプリを表示しますが、「View Source」をダウンロード、インストールします。すぐに完了します。アイコンがホーム画面に表示します。
App Storeから「view source」で検索

このアプリを起動して使う事も出来ますが、Safariから使う方が便利です。HTMLソースを表示させたいwebページを表示させ、画面下部の真ん中のアイコンをタップします。
Safariから使う

一番下までスワイプして「View Source」をタップします。
「View Source」をタップ

HTMLソースを表示します。検索するには、右上のアイコンをタップします。
HTMLソースを表示

「Find」をタップします。
「Find」をタップ

キーボードで検索したい文字を入力するとハイライト表示します。
検索

「View Source」アプリからもHTMLソースを表示出来ます。HTMLソースを表示させたいwebページのURLをコピーしておき、上部の箇所にペーストさせます。
ペースト

キーボードの「go」をタップします。
「go」をタップ

HTMLソースを表示します。
HTMLソースを表示

-iPhone, iPhoneのSafariの使い方

Copyright© 自由気ままが良いね , 2022 AllRights Reserved.