ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

iPhone iPhone その他

iPhoneのバッテリーの状態を確認する

投稿日:

iPhoneのバッテリーの寿命は3年間と言われていますが、使い方や環境により様々です。Appleが公表している値なので、3年を下回るのが自然なのかもしれません。いずれにせよ、バッテリーが寿命となったら、交換する以外に方法は無く、パソコンとは異なり自分では交換出来ないため、Appleの正規の修理に依頼する以外に方法はありません。iPhoneの修理に関してはこちらで紹介しています。

iPhoneのバッテリーの状態を確認するには、「設定」、「バッテリー」の「バッテリーの状態」をタップします。
バッテリーの状態

こちらが全く問題の無いバッテリーの状態です。「最大容量」が100%で、「ピークパフォーマンス性能」でも標準のピークパフォーマンスに対応しています。と書かれています。
問題の無いバッテリー

それに対してこちらは「最大容量」は100%ですが、「お使いのバッテリーは著しく劣化しています。・・・」と記されています。この場合はバッテリー交換となります。
バッテリーは著しく劣化

こちらは「ピークパフォーマンス性能」に問題は無いようですが、「最大容量」が95%となっています。これは若干の劣化と見れば良いようで、1月に1度程度、著しく劣化していないか確認するのが良いでしょう。
若干の劣化

-iPhone, iPhone その他

Copyright© 自由気ままが良いね , 2019 AllRights Reserved.