ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

iPhone iPhoneのアプリ使い方

iPhoneでExcelを使う

投稿日:

通常、パソコンがあればわざわざExcelをiPhoneで使う事は無いと思いますが、外出先でパソコンが使えず、例えば急な見積もり依頼をされた時、迅速に対応すれば案件を獲得する事が出来るかもしれません。ここでは、急な依頼の見積書を作成してメール送信するまでの方法を説明します。

iPhoneでExcelを使うにはApp StoreからGoogleスプレッドシートとGoogleドライブをダウンロード、インストールします。ダウンロード、インストールは簡単で数分で済みますが、Googleアカウントが必要です。又、iPhoneの標準アプリである「ファイル」アプリも使います。

ここでは見積書を作成するのが前提なので、事前にパソコンのExcelで見積書のテンプレートを作成してGoogleドライブに保存しておきます。
パソコンのExcelで見積書のテンプレートを作成

iPhoneのGoogleドライブを起動します。「ファイル」をタップします。
iPhoneのGoogleドライブを起動

「名前」の部分をタップします。
「名前」の部分をタップ

並び替えを表示するので、「最終更新(自分)」をタップします。
「最終更新(自分)」をタップ

更新順に並び替えられるので、先ほどパソコンから作成した見積もりのテンプレートをタップします。
更新順に並び替え

Googleスプレッドシートが起動して見積もりのテンプレートを表示します。
Googleスプレッドシートが起動

横にした方が編集しやすいです。セルをタップすると編集出来るようになります。
セルをタップすると編集

見積書を作成します。完成したら、右上の「・・・」をタップします。
見積書を作成

「共有とエクスポート」をタップします。
「共有とエクスポート」をタップ

「Googleスプレッドシートファイルとして保存」をタップします。
Googleスプレッドシートファイルとして保存

Googleドライブに保存されます。右の「・・・」をタップします。
Googleドライブに保存

「名前を変更」をタップします。
名前を変更

適切な名前を入力して「名前を変更」をタップします。
名前を変更

再び右の「・・・」をタップします。

「アプリで開く」をタップします。
「アプリで開く」をタップ

「"ファイル"に保存」をタップします。
「"ファイル"に保存」をタップ

iCloud Driveをタップして右上の「保存」をタップします。
iCloud Drive

「ファイル」アプリが起動します。「ブラウズ」の画面を表示させて、「iCloud Drive」をタップします。
「ファイル」アプリを起動

作成した見積書をタップします。
見積書をタップ

見積書を表示するので、左下のアイコンをタップします。
見積書を表示

「メール」をタップします。
「メール」をタップ

「メール」アプリの新規メッセージが表示して、PDFファイルとして添付されるので、宛先と件名を入力して送信します。
新規メッセージが表示

受信するとPDFとして表示します。
受信するとPDFとして表示

-iPhone, iPhoneのアプリ使い方

Copyright© 自由気ままが良いね , 2022 AllRights Reserved.