ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

iPhone iPhoneの基本設定

iPhoneでマスクをしたままロック解除する|iOS15.4の新機能

投稿日:

iPhoneでマスクをしたままロックを解除するには、これまではAppleWatchが必要でしたが、iOS15.4でAppleWatchを使わないでロック解除出来るようになりました。但し、対応するiPhoneはiPhone 12以後となり、iPhone X、iPhone XS、iPhone 11はサポートされていません。

コロナにより外出時はマスクをするのが常識化して以来、iPhoneのFace IDは面倒な機能になっていました。AppleWatchの所有者以外は、一目を憚ってマスクを一時的に外して認識させるか、パスコードを入力するかの2択しかありませんでした。

iOS15.4のインストールが終わると、「マスク着用時にFace ID を使用する」と表示しますが、「あとで”設定”でセットアップ」を選択しました。
iOS15.4のインストール

「設定」の「Face IDとパスコード」をタップしてパスコードを入力します。新たに「マスク着用時Face ID」という項目が追加されているのでタップしてオンにします。
Face IDとパスコード

「マスク着用時にFace IDを利用する」をタップします。
マスク着用時にFace IDを利用する

「開始」をタップして、1回目のスキャンを開始します。1回目はメガネをかけている人はメガネをかけます。
1回目のスキャン

2回目のスキャンではメガネを外します。メガネをかけていると外すようメッセージ表示するので「続ける」をタップします。
2回目のスキャン

「やり直す」をタップします。
2回目のスキャン

完了すると次のように表示します。別のメガネがある場合は「メガネを追加」をタップします。
完了

マスクをして、メガネをかけたままでも、外してもロック解除出来ました。

-iPhone, iPhoneの基本設定

Copyright© 自由気ままが良いね , 2022 AllRights Reserved.