ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

hobbies

CX-30 20S L Package 4WD インテリアの紹介

更新日:

今回はCX-30 20S L Package 4WDのインテリアを紹介します。インテリアも予想以上の仕上がりです。アクセラスポーツよりも進化しゴージャスになっています。

フロントシートは白の本革で、アクセラスポーツと同じです。そこそこスポーティーで腰のホールド感は非常に良いです。
フロントシート

リアシートもレザー張りで座り心地も良い感じです。また、最低地上高が高いので乗降しやすいのが購入のポイントとなりました。
リアシート

ステアリング、インパネ回りです。ステアリングのスイッチには金属が採用されて豪華になっています。メーターがアクセラスポーツとは多いに異なり、3連になっていて、真ん中のメーターはモニター表示となっていて3種類に切替が出来る「マルチインフォメーションディスプレイ」です。
ステアリング、インパネ

シフトレバー、センターコンソール電動パーキングブレーキは慣れると大変に便利です。加えてAUTOHOLDというパーキングブレーキの補助機能があり、オンにすると、停止すると自動的にパーキングブレーキがオンとなり、ブレーキペダルから足を離す事が出来ます。

ドアの内張も凝ってます。ブラウン基調のデザインとなっていて大変にお洒落です。CX-5では、最上級グレードのみに採用されているデザインです。今回オーディオはBOSEのオプションは付けませんでした。標準で「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」が採用されて8スピーカーとなっているからです。早速音楽を聞いてみましたが、BOSEに劣っているとは感じませんでした。
ドアの内張

アルミペダルはオプションです。44,000円もします。上級グレードでは標準装備にして欲しいものです。
アルミペダル

マツダ コネクトは大型化して大変に見やすくなりました。アクセラスポーツでは小さく特にナビとしてはかなり見づらかったものから改善されています。
マツダ コネクト

-hobbies

Copyright© 自由気ままが良いね , 2021 AllRights Reserved.