ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

onsen/travel

1泊2日の京都旅行

投稿日:

2020年11月3日(祝日)1泊2日で京都に旅行に行ってきました。京都に行ったのは確か20歳位の頃が最後で、しかもこれまで電車で京都に行った事はありません。会社に勤めていた際も出張でも行った事はありませんでした。というか、京都駅で降りた事は一度もありませんでした。名古屋や新大阪は数えきれない程ありますが。そのためか、数年程前から一度は京都に行かないのは日本人の恥とすら思うようになっていて、GoToトラベルキャンペーンを利用して旅行する事になりました。

といっても京都は日本でトップクラスの観光地で観光スポットが非常に多数あります。そのため、まずは何処を訪れるのかを決める必要があります。今回はGoToトラベルキャンペーンを利用して宿泊施設を先に予約しました。嵐山温泉 花伝抄です。何故、ここに決めたかと言うと、京都では数少ない温泉があるからです。僕の旅行は必ず温泉が伴う事が条件と自分で決めているからです。という事もあり、最初のスポットは嵐山という事になりました。1日目です。

2日目を検討した結果、金閣寺周辺と清水寺周辺という事に決めました。やはり中学?高校の時に修学旅行で行き、思い入れもあります。決めてからはGoogleマップで行き方などについて検証しました。

まずは宿泊地に向かいます。京都駅から地下鉄で四条駅で下車阪急線に乗り換え桂駅で嵐山線に乗り換えて終点の嵐山で下車すると、駅前に花伝抄はあります。15:00にチェックインし、すぐに観光に行きました。部屋は和モダンなダブルベッドでGo To トラベルキャンペーン適用で17,160円です。それに4,000円の地域共通クーポンで付きます。
嵐山温泉 花伝抄

嵐山のシンボル的な渡月橋です。人の多さに吃驚しました。コロナは収束したんだな、とすら感じました。
渡月橋

渡月橋を渡り少し先を左に行くと天龍寺があります。有名な曹源池庭園です。この時点で嵐山の特徴を感じる事が出来ました。嵐山は観光地であると共に住宅密集地でもあります。ところが、天龍寺辺りからは山の山麓になり、自然豊かな場所へと風変りしてくるのです。
天龍寺

天龍寺を20分程で周ると、竹林の道となります。幅広いエリアに竹林は散在します。
竹林の道

嵐山観光を2時間程で終えてホテルに17:30頃に戻りました。花伝抄は共立リゾートが運営するホテルで、共立リゾートの夕食は2部制をとっていて、17:30と20:00から選択します。17:30の夕食はかなり混んでいました。僕は無論20:00を選択しているため、ゆっくりと温泉につかり、サウナも付属していて1時間程の入浴で十分にリラックスしました。露天風呂は温泉ではないという事が明記されているため温泉である内湯に主に入りました。

食事場所はコロナ対策のためかパーティションで区切られて小部屋のようになっています。仲居のお姉さんが接客してくれます。
仲居

食事は少しずつで美味しかったです。特にごま豆腐と牛と大根の煮込みが美味しかった。天ぷらは自分で食べたい量を注文出来ます。
ごま豆腐と牛と大根の煮込み

飲み放題プランも付属していて、メガ酎ハイをいただきました。
メガ酎ハイ

翌日、9時半頃チェックアウトして金閣寺に向かいます。朝の渡月橋は清々しかったです。
朝の渡月橋

嵐電という1両編成の路面電車のような電車で終点の北野白梅町駅で下車し駅前からバスで金閣寺に向かいます。
嵐電

知ってはいましたが、金閣寺は補修工事中で全体の望む事は出来ません。
金閣寺は補修工事中

金閣寺が映らない鏡湖池は寂しいです。しかし、金閣寺に来て京都の名所とはという事に気が付きました。お寺は完全に自然にマッチしているのです。山麓に建造されていて、建造物は自然と一体になる事により最高の見栄えとなっているのです。京都の地形を活かしているとも言えます。
鏡湖池

次に龍安寺に行きました。金閣寺からバスですぐですが、歩くと30分はかかりそうです。龍安寺といえば石庭です。砂と15個の石から禅思想を表現したものと言われていて、配置については個人で解釈して宜しいという事です。座って十数分程拝観していました。
龍安寺

龍安寺には鏡容池という池があり、京都の自然を美しく表していました。
龍安寺

龍安寺の次は徒歩15分程で仁和寺に行きました。仁和寺のシンボルの五重塔です。
仁和寺

御殿にある北庭も大変に京都らしい風景です。
仁和寺

金閣寺、龍安寺、仁和寺を後にし清水寺に向かいます。生き方は事前にGoogleマップで調べてはありましたが、念のため駅員さんに確認すると京都駅まで戻りバスで行くのが一番便利であると教えられました。バスは本数が場所により極端に異なります。京都駅、清水寺間のバスは多いため便利なようです。

以前このブログで函館は坂の多い街とは紹介しましたが、京都も坂の多い街です。バス停から清水寺まで5、600メートル程結構な坂となります。五条坂、清水坂を経由しました。清水寺に着くと待ち受けるのは仁王門です。
清水寺

仁王門の後ろには西門があり、その後ろに三重塔があります。
清水寺

断崖に建つ木造建築の本堂です。金閣寺と同様に改修工事中でした。
清水寺

本堂の後ろにあるのが阿弥陀堂と奥の院です。清水寺の拝観は一周できるようになっていて、一周すると仁王門の前に戻れるようになっています。
清水寺

京都旅行の最後は清水坂の途中にある蕎麦屋、よしむらにて遅めのランチです。2000円強ですが、地域共通クーポンにて支払いました。残りはおみやげ代となりました。
よしむら

1泊2日という超最短日程での京都旅行でしたが、かなり満足出来ました。やはり下調べしてあったから実現できたものと思います。次回は2泊の旅行を企画したいと思います。

-onsen/travel

Copyright© 自由気ままが良いね , 2020 AllRights Reserved.