ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

onsen/travel

草津温泉 ホテルヴィレッジ

投稿日:

2018年9月2日(日)、草津温泉 ホテルヴィレッジに行ってきました。草津温泉に宿泊するのは超久しぶりというか学生の時以来です。草津温泉は群馬県草津町という所にあり、町自体が温泉街という知る限り日本最大の温泉街だと思います。今回はそんな草津温泉に行ってみたかった事と、伊香保のおもちゃと人形自動車博物館を再訪問する事が目的です。

何故、ホテルヴィレッジに決めたかと言うと、草津には大小様々な宿泊施設がありますが、特に大きな宿を希望したからです。草津でも伊香保でもそうですが、温泉街の中心には小さめの規模の施設が多く、大きな宿は温泉街からは離れています。草津の温泉街は既に何度も来ているため、今回は訪問予定はありませんでした。大きな宿の特色は何処でもそうですが、温泉が大きく、それを望んだからです。

今回は最初におもちゃと人形自動車博物館を再訪問するため、関越道の渋川伊香保I/Cで降りました。20分程で到着です。シックな建物です。
おもちゃと人形自動車博物館

まずはレトロな街で迎えてくれます。
レトロ

駄菓子屋のレプリカです。僕が子供の頃、新宿のあじいちゃんの家のすぐそばにあったお店そっくりで、超懐かしい気持ちになれます。お菓子は確か単品買い出来て、1個1円とか、その位の値段だった記憶があります。
駄菓子屋

ハコスカGTRです。現在ではマニア以外は知らないでしょうね。
ハコスカGTR

トヨタ2000GT。実は今回、軽井沢でこの車と生まれて初めてすれ違ったのです!無論写真は撮れませんでした。ナンバーを覚えてます。古い「品川5」というナンバーでした。今は「555」と3桁、20年位前で「55」と2桁で1桁となると50年以上前なので、ワンオーナーなのでしょうね。
トヨタ2000GT

おもちゃと人形自動車博物館を後にして草津温泉に向かいます。伊香保を経由し、80分程で到着ですが、道路が単調で眠くなります。

ホテルに到着チェックインして部屋に入りました。広々としたツインベッドの洋室で、大きな椅子とテーブルがあります。Wi-Fi完備です。これで15,270円ですから、コスパは良好です。
洋室

一服付いて早速温泉へ、草津温泉の特徴は強酸性でpHは2.1だそうです。pHは7.0が中性で、2.1という値はレモンと同じです。そのため強力な殺菌力があるそうです。活火山の白根山のお膝元なので、白濁した硫黄泉ではないのも特徴です。すぐ隣の万座温泉は白濁した硫黄泉です。

ホテルヴィレッジは老舗温泉なので、無論、「湯畑」から源泉を引いています。内湯と露天風呂があります。泉温は40度なので丁度良い感じです。しかし、長湯すると汗が引かず大変です。やはり、水風呂があると良いななどと感じました。

夕食はバイキングです。好きなものを好きなだけです。好物のカニもありましたが、割るのはセルフのため面倒なので辞めました。
夕食はバイキング

翌朝、窓を開けると爽快な森林が。この森林を巡る無料ツアーもあるそうです。
爽快な森林

バイキングの朝食です。
バイキングの朝食

朝食後、朝風呂に入り、ホテルヴィレッジのチェックアウトは12:00が標準ですが、11:00頃チェックアウトしましたが、駐車場の車は大半が残っていて、レイトチェックアウトを知っているお客さんが多いのだと感じました。帰路は軽井沢経由です。こちらの道路は高原を走るので、楽しみがあります。軽井沢は平日だというのに凄い人がいます。そのため結構な渋滞で碓井/軽井沢I/Cまで100分程かかってしまいました。しかし、草津温泉に癒やされた素敵な小旅行でした。

-onsen/travel

Copyright© 自由気ままが良いね , 2018 AllRights Reserved.