ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

Windows 10 Windows 10のアプリ使い方

「Office 365 は Microsoft 365になりました」と表示する

投稿日:

OfficeのサブスクリプションバージョンであるOffice 365を使っていると、4月24日にOutlook起動したところ、「Office 365 は Microsoft 365になりました」と表示しました。

まず、Office 365とはOfficeのサブスクリプションで年間12,984円です。一般的にはWord、Excel、Outlook、PowerPointを使うと思います。特徴は、自動バージョンアップである事、Skypeでの毎月1時間の携帯/固定電話への通話、OneDriveの1Tの容量と端末台数制限無しという事です。

市販のOffice Home & Buisinessは38,284円で、2台使用ライセンスです。

従い、端末の数が多い場合はOffice 365は割安感があります。OneDriveのクラウドストレージの1Tも魅力があります。

Office 365のOutlookを起動したところ、次のように表示しました。
Outlookを起動

これは名称が変わった事の通知のようで、Microsoftは4月22日に名称を変更しました。Microsoftのホームページによると、「Office 365にさらに価値を追加したものがMicrosoft 365」であるそうです。従い、表示に対して何も気に掛ける事は無いという事になります。

「詳細情報」をクリックして、言語を選択すると詳細を知る事が出来ます。
詳細情報

Excelの起動を良く見ると、「Microsoft 365」になっています。
Microsoft 365

-Windows 10, Windows 10のアプリ使い方

Copyright© 自由気ままが良いね , 2020 AllRights Reserved.