ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

Windows 10 Windows 10の基本/基本操作

Windows 10のタスク ビューとは

更新日:

タスク ビューとは簡単に言うとアプリやフォルダやファイルを切り替える機能です。多くのアプリやフォルダやファイルを開いていると、重なってしまい、どこに何があるのかが分からなくなってしまいます。デスクトップパソコンのようにモニターが大きければある程度分かりますが、サブノートやタブレットではモニターが小さく重なってしまい、まるで分かりません。

図はSurfaceでEdge、エクスプローラー、写真、メール、Excel、パワーポイントを開いている状態です。この状態だと何処に何があるのかはさっぱり分かりません。

タスク ビュー

起動しているアプリなどはタスクバーのアイコンに青い下線が付いている事で確認出来ます。タスクビューはEdgeの隣のアイコンをクリックすると起動します。

タスクビュー

タスク ビューは図のようにアイコン化(サムネイル)してデスクトップ上に表示します。

サムネイル

サムネイルをクリックするとそのアプリ等が表に表示します。複数のアプリ等を開いている際に便利な機能です。図はメールアプリをクリックして状態です。

サムネイル

尚、タスク ビューはWindowsキー+Tabキーでも表示させる事が出来ます。

-Windows 10, Windows 10の基本/基本操作

Copyright© 自由気ままが良いね , 2018 AllRights Reserved.