ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

Windows 10

Windows 10のタスクマネージャーを使い重いアプリやプログラムを調べる方法

投稿日:

タスクマネージャーとは、実行中のアプリやバックグラウンドで動作するプログラムを監視、管理をする機能です。応答しないアプリを強制終了させたり、中上級者になると不具合等により応答しないバックグラウンドプロセスを探し出して強制終了させたり、CPUやメモリの使用状況の確認なども出来ます。ここではWindows 10のタスクマネージャーでアプリの強制終了とwebと連動して不具合のありそうなプログラムを調べる方法を説明します。

タスクマネージャーを起動する方法はいくつかありますが、ここでは簡単な方法を紹介します。キーボードのCtrlキーとShifキーをEscキーを同時に押します。次のように表示したら「詳細」をクリックします。
CtrlキーとShifキーをEscキー

図のように表示します。「アプリ」というのが実行中のアプリで、「バックグラウンドプロセス」というのがバックグラウンドで動作しているプログラムです。例えば、WORDがフリーズして応答しなくなった場合、WORDをクリックして右下の「タスクの終了」をクリックするとXをクリックしても閉じないWORDを強制終了させる事が出来ます。
強制終了

現在CPUの負荷率が高い事がこの画面から分かりますが、何故でしょうか?どうやら、「Antimalware Service Executable」なるバックグラウンドプロセスが悪さをしているようです。
CPUの負荷率が高い

この原因を調べるには「Antimalware Service Executable」を右クリックして、「オンライン検索」をクリックします。
「オンライン検索」をクリック

ブラウザーが開いて原因の対応についての検索結果を表示します。
検索結果を表示

-Windows 10

Copyright© 自由気ままが良いね , 2017 AllRights Reserved.