ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

Windows 10 Windows 10の基本/基本操作

Windows 10のショートカットキー

更新日:

ショートカットキーとは、キーボードのキーを1つないし複数を組み合わせて押す事により、Windowsの様々な機能を操作することが出来る事です。Windows 10のショートカットキーは膨大にありとてもではありませんが、覚えきることは出来ないため、ここではWindows 10の代表的で覚えておくと便利なショートカットキーのみを紹介します。

図はMicrosoft Sufaceのキーボードの左下部分です。ショートカットキーで組み合わせるコントロールキー(Ctrl)と、Windowsキー、Altキーになります。

コントロールキー(Ctrl)と、Windowsキー、Altキー

Ctrl+

Ctrl+A:全選択。全ての文字を選択します。(文書作成の際、Word等で便利)

Ctrl+C:選択した項目をコピーする。(文書作成の際、Word等で便利)

Ctrl+V:選択した項目を貼り付ける。(文書作成の際、Word等で便利)

Ctrl+X:選択した項目を切り取る。(文書作成の際、Word等で便利)

Ctrl+Shift+Esc:タスクマネージャーの起動。

Ctrl+Alt+Delete:ロック画面、ユーザーの切り替え、サインアウト、タスクマネージャーの起動を選択出来る。

Ctrl+Home:アプリで先頭に移動する。(Excel等で便利)

Ctrl+End:アプリで最後に移動する。(Excel等で便利)

Windowsキー

Windowsキーのみ:スタートメニューを開く。再度Windowsキーで閉じる。

Windowsキー+A:アクションセンターを表示する。再度Windowsキー+Aで消える。

Windowsキー+D:開いているアプリを全て最小化し、再度Windowsキー+Dで元に戻す。

Windowsキー+E:エクスプローラーを起動する。

Windowsキー+I:設定を表示する。

Windowsキー+L:ロック画面。

Windowsキー+M:開いているアプリを全て最小化する。

Windowsキー+S:Cortanaを起動する。

Altキー+

Altキー+F4:アプリを終了させる。

Altキー+Tab:実行中のアプリを複数回押す事で切り替える。

Altキー+Esc:アクティブなアプリを切り替える。

-Windows 10, Windows 10の基本/基本操作

Copyright© 自由気ままが良いね , 2018 AllRights Reserved.