ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

Windows 10 Windows 10の基本設定

Windows 10でマウスポインターの形を変更する方法

更新日:

マウスポインターとは、モニターの画面で入力の位置を示すカーソルの事で、矢印の形をしたアイコンのことです。以前のWindowsでは、待ち状態の時は砂時計であった事を覚えていませんか?しかしWindows 10では○になっています。

しかし、Windows 10では、マウスポインターのいくつかの形が標準で付属していて、好みの形に変更することが出来ます。「通常の選択」や「待ち状態」といったそれぞれの状態ごとに個別に設定が可能です。設定するには、スタートボタンをクリックし、「設定」をクリックし、「デバイス」をクリックします。

マウスポインター

「マウスとタッチパッド」をクリックし、「その他のマウス オプション」をクリックします。

その他のマウス オプション

「マウスのプロパティ」を開くので、「ポインター」タブをクリックし、カスタマイズで「通常の選択」をクリックして「参照」をクリックします。

マウスのプロパティ

ここでは黒いアイコンをクリックし選択してみました。プレビューの所に表示します。「開く」をクリックします。

「開く」をクリック

「通常の選択」のアイコンが黒い矢印に変わりました。

黒い矢印

上記手順で、「ヘルプの選択」、「バックグラウンドで作業中」、「待ち状態」のアイコンを好みに変更します。終わったら「OK」をクリックします。以上で完了です。マウスポインターの形が変更された事を確認して下さい。

マウスポインターの形

また、「デザイン」からマウスポインターを選択する事も出来ます。

「デザイン」からマウスポインターを選択

-Windows 10, Windows 10の基本設定

Copyright© 自由気ままが良いね , 2018 AllRights Reserved.