ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

iPhoneの基本/基本操作 iPhone

iPhoneの基本、タッチスクリーンの操作

更新日:


iPhoneは画面をタッチして操作します。iPhone入門者はまずはタッチスクリーンの操作を覚える必要があります。

タップ

タップはiPhone操作の基本中の基本でパソコンのマウスのクリックに相当します。クリックの事をタップと言います。ホーム画面のアイコンをタップするとアプリが起動します。
タップ
設定のスイッチをタップするとオン/オフに出来ます。
オン/オフ

ダブルタップ

ダブルタップはパソコンのダブルクリックとは意味が異なります。写真や地図を拡大したい場合等に画面を軽くたたくような感じで触ります。若干慣れが必要だと思います。写真をダブルタップすると拡大します。
ダブルタップ
再度、ダブルタップすると元の大きさに戻ります。
ダブルタップ

スポンサーリンク

ドラッグ

画面に指を押しつけ、そのまま上下左右に移動させる動作がドラッグです。 マウスのドラッグと同様です。 画面画像や写真などの位置を動かす場合に使います。 地図はドラッグして動かします。
ドラッグ

フリック

タッチスクリーンに指を触れ、そのまま左右に払う感じで動かします。写真はフリックさせて次から次へめくるように見る事が出来ます。
フリック

スワイプ

タッチスクリーンに指を触れ、そのまま左右上下にスライドさせます。ホーム画面を上から下にスワイプさせると通知センターが表示します。
スワイプ

スポンサーリンク

長押し

タッチスクリーンを指を当てたまま長押しします。Live Photos(ライブフォト)の写真は長押しすると3秒間の動画を再生します。
長押し

ピンチイン

2本の指でタッチスクリーンの画面をつまむようにします。地図で行うと縮小できます。
ピンチイン

ピンチアウト

2本の指でタッチスクリーンの画面を広げるようにします。地図で行うと拡大できます。
ピンチアウト

-iPhoneの基本/基本操作, iPhone

Copyright© 自由気ままが良いね , 2017 AllRights Reserved.