ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

iPhone

iPhoneのロック画面にセキュリティをかける設定方法

更新日:

iPhoneでパスコードを設定し、複雑なパスワードをかけていたとしても、盗難/紛失した際、安心だと思いますか?答えはノーです。超危険です。iPhoneは標準では、ロック画面から、ホームボタンを押してSiriを起動出来、上にスワイプしてコントロールセンター、右にスワイプしてウィジェット、左にスワイプしてカメラ、下にスワイプして通知センターを利用出来ます。

ロック画面のリスク

まずはロック画面でSiriを起動して、電話番号を聞くと、「ロックを解除して」となるので問題はなさそうです。
Siri

パスコードを聞いても、「情報は漏らせない」となるので問題はなさそうです。
Siri

ウィジェットを確認するとスケジュールが見れてしまうので宜しくありません。
ウィジェット

通知センターからはLINEの履歴が見れてしまいます。
通知センター

通知センターからはVIPメールの履歴も見れてしまいます。
通知センター

特に超ヤバいのはコントロールセンターで機内モードにされてしまうことです。「iPhoneを捜す」が効かなくなってしまい、捜す事が不可能になってしまいます。
コントロールセンター

ロック画面のセキュリティ対策

個人情報が見られないとしてもSiriが使われてしまうのは嫌ですよね。そこで、ロック画面のセキュリティ対策としてSiri、コントロールセンター、ウィジェット、カメラ、通知センターをロック画面からは使えなくしてしまえば良い訳です。しかし、現在の所、カメラだけはロック画面のみ使えなくする方法はありません。

Siriをロック画面で利用不可にするには「設定」、「Siri」をタップして「ロック中にアクセス」をオフにします。これでロック画面でSiriは使えません。
Siri

コントロールセンターをロック画面で利用不可にするには「設定」、「コントロールセンター」をタップして「ロック画面でのアクセス」をオフにします。これでロック画面でコントロールセンターは使えません。
コントロールセンター

ウィジェットをロック画面で利用不可にするには「設定」、「Touch IDとパスコード」をタップして「今日の表示」をオフにします。これでロック画面でウィジェットは使えません。
ウィジェット

通知センターはロック画面で利用不可にするのではなく、アプリごとに設定して表示させなくするという対応になります。「設定」、「通知」をタップしてロック画面で利用不可にしたいアプリをタップします。ここではLINEをタップしました。次の画面を表示するので、「ロック画面に表示」をオフにします。これでロック画面でLINEの通知は表示しません。
通知センター

-iPhone

Copyright© 自由気ままが良いね , 2017 AllRights Reserved.