ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

iPhone iPhoneの基本設定

iPhoneのアプリを間違って削除出来ないようにする方法

更新日:

iPhoneのホーム画面にアプリのアイコンを多数置いているといつの間にか目的のアイコンが見つからず、結局は無くなっているといった事があります。これは間違ってアプリを削除してしまったからです。僕も何度かやってしまいましたが、重要アプリでなかったため影響は受けませんでした。しかし、重要なアプリを誤って削除してしまうと大変です。

アプリの誤削除はアイコンをタップする際に長押ししてしまい、アイコンが震えてアイコンにXが付いた際に生じます。(ホームボタンを押すと直ります)
アイコンにX

そしてこのXをタップして、削除をタップするとアプリは削除されてしまいます。
アプリは削除

これを防ぐには「設定」、「一般」の「機能制限」をタップします。
「機能制限」をタップ

「機能制限を設定」をタップします。
「機能制限を設定」をタップ

「機能制限パスコード」を入力します。これは4桁のパスコードとなります。忘れないようにメモを残すとかしておきます。再入力を求められます。
4桁のパスコード

「APPの削除」をタップしてオフにします。
「APPの削除」をタップしてオフ

アイコンを長押しして震えさせてもXは付かずアプリを削除出来なくなりました。
アプリを削除出来なくなりました

-iPhone, iPhoneの基本設定

Copyright© 自由気ままが良いね , 2017 AllRights Reserved.