ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

iPhone iPhoneのアプリ使い方

iPhoneで指定した場所で通知を受け取る方法、リマインダーの使い方

更新日:

スーパーやドラッグストア、ホームセンターなど複数のお店で買い物する際、どこのお店では何を買うのかを覚えておく事は大変です。iPhoneがあれば「リマインダー」アプリを活用することにより、お店に着いた時点で何を買うのかを知らせる事が出来ます。リマインダー(reminder)とは思い出させるもの、の意味で「リマインダー」アプリはそのものずばり機能を持っています。

リマインダーの設定

リマインダーで指定した場所で通知を受け取るには、ホーム画面のリマインダーをタップして起動すると、ほぼ白い画面を表示します。(この時点で嫌気が差す人がいそうです)+の右側にタイトル、ここでは「買い物」と入力します。AppleのHPによるとこのタイトルが「リマインダー」であるとされています。右にある「i」をタップします。
リマインダー

「指定場所で通知」をオンにし、「場所」をタップします。
「場所」をタップ

検索窓に行くお店の名前を入力します。現在地から近い検索候補を表示するので目的のお店をタップします。詳細をタップして戻ります。
買いたいものを入力検索窓

場所に目的のお店が入りました。メモの箇所に買いたいものを入力します。優先順位も設定出来ます。入力したら「完了」をタップします。
メモの箇所に買いたいものを入力

次に行きたいお店の情報も同様に入力します。
次に行きたいお店の情報

入力が終わると次のように表示します。これで準備完了です。
準備完了

リマインダーの通知

最初のお店に到着すると、ロック画面に通知を表示します。
ロック画面に通知

リマインダーが終わったら白い円をタップすると実行済みとなります。実行済みにしないとロック画面に表示し続けます。
実行済み

次のお店に到着すると、再度、ロック画面に通知を表示します。購入したい全てのリストを見たい場合はその部分を押します。
ロック画面に通知を表示

メモに記した全てのリストを表示します。ここから実行済み、1時間後に通知、明日に設定する事が出来ます。
全てのリストを表示

-iPhone, iPhoneのアプリ使い方

Copyright© 自由気ままが良いね , 2017 AllRights Reserved.