ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

iPhone iPhoneの基本設定

iOS11にアップデートしたらAirDropが消えた

投稿日:

iPhoneのOSであるiOSはWindowsと比べると頻繁にアップデートやバージョンアップがあります。余談ながらアップデートとバージョンアップの違いとは、小さな更新がアップデート(通常のWindowsアップデートやiOSの10から10.01へと)、大きな更新がバージョンアップ(Windows 10 Creators UpdateやiOSが10から11へと)となります。今回はiOS10がiOS11になったのでバージョンアップと言えます。

iOSでもWindowsでもそうですがバージョンアップすると使い方自体変わってしまう事があるのです。

ところで、最新のiOS11にアップデートしたらAirDropが消えて驚いている人がいると思います。AirDropの使い方はこちらで紹介していますが、AirDropは写真等を近くのiPhone同士で共有出来る機能で、同窓会等で多く使われています。

iOS10まではAirDropはコントロールセンターにありました。
iOS10

ところが、iOS11にバージョンアップしてみると、コントロールセンターを表示させてみてもありません。

しかし、AirDropは消えた訳ではありません。この部分を強く押すか、長押しをします。
長押し

AirDropが表れました。タップすると設定の画面を表示します。
AirDrop

これまでと同様に設定が出来ます。
設定

-iPhone, iPhoneの基本設定

Copyright© 自由気ままが良いね , 2018 AllRights Reserved.