ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

IT topics

無線LANの暗号化について

投稿日:

「無線LANただ乗り」

新聞で「無線LANただ乗り」の記事を目にしたので「無線LANの暗号化について」について投稿します。「無線LANただ乗り」とは、無線LANの暗号を解読してパソコン等にその暗号を入力して、他人の無線LANに「ただ乗り」する事です。

それでは「無線LANただ乗り」されるとどのような事態になるのかと言うと、ウイルスメールや詐欺メール、脅迫メール等を詐称して送付されてしまいます。つまり「無線LANただ乗り」された人があたかも犯罪者にされてしまいます。

では何故「無線LANの暗号を解読」出来てしまうでしょうか。

その原因は一つに古いWEP等の暗号を使っている事。もう一つは無線LANの利用者が暗号化の知識が無く、その意味すら理解していないという事です。

暗号化の種類

暗号化の種類は3つあります。WEPは最も古い暗号化で暗号化ソフトを使うと簡単に解読出来てしまうため、使っていけません。TKIPとはWEPを改良したもので解読可能のため使ってはいけません。AESが最新の暗号で解読されることは無いとされています。そのため必ずAESを使うべきです。

AESでは分かりづらいと思います。AESの認証方式で理解する方が分かり易いと思います。「WPA2-AES」、「WPA2-PSK(AES)」、「WPA2 パーソナル(AES)」といった表記の暗号を使う事を総務省が推奨しています。現在販売している無線LANルーターはこの暗号に対応しています。
注意すべき点

暗号は無線LANルーターとパソコン、スマートフォンと共に対応させる必要があります。危険なのは古い物です。iPhoneは全て最新の暗号に対応していますが、例えばWindows XPでは対応出来ていない物もあり、その意味からもサポートが切れているWindows XPは使用禁止と言えます。

古い無線LANルーターやキャリアから貸与されている無線LANルーターには注意してください。「WPA2-AES」、「WPA2-PSK(AES)」、「WPA2 パーソナル(AES)」といった暗号化の表記があるかを確認してください。

参考図

Windows 10で無線LANルーターのプロパティを表示させると、セキュリティの種類としてWPA2 パーソナルである事が確認出来ます。
Windows 10

iPhoneの暗号化の見方は鍵のアイコンのあるネットワーク(無線LANルーター)は暗号化されています。しかし暗号化の種類は分かりません。

iPhone

バッファローの無線LANルーターの管理画面を表示させると、認証方式がWPA2-PSKで、暗号化がAESである事が確認出来ます。
バッファロー

-IT topics

Copyright© 自由気ままが良いね , 2018 AllRights Reserved.