ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

iPhone

機能制限パスコードとは

更新日:

iPhoneには通常のパスコード以外に、「機能制限パスコード」という機能があります。機能制限パスコードとは、親が子供に制限をかける機能であるペアレンタルコントロール(parental controls)になります。

iPhoneでは具体的には特定のアプリを動作させなくする事が出来ます。つまり、このパスコードによりアプリの動作のオン/オフが出来ます。機能制限を有効にするには、設定、一般の「機能制限」をタップします。
機能制限

「機能制限を設定」をタップします。
機能制限を設定

ここで、「機能制限パスコード」を入力します。通常のパスコードとは異なるものにします。4桁以外に設定は出来ないようです。機能制限パスコードを忘れると最悪初期化になりますので、注意が必要です。
4桁

「機能制限パスコード」を再入力します。
再入力

スポンサーリンク

全てのアプリが許可になっています。
全てのアプリが許可

特定のアプリを制限するには、例えば、Safariをオフします。
Safariをオフ

制限をかける前まではドックにSafariはありました。
Safari

制限をかけると、Safariは消えてしまいました。
制限

また、全ての機能をオフにするのではなく、一部に制限をかける事も出来ます。例えばWebサイトをタップします。
Webサイト

「アダルトコンテンツを制限」をタップすると、それのみ制限がかかります。
アダルトコンテンツを制限

-iPhone

Copyright© 自由気ままが良いね , 2017 AllRights Reserved.