ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

iPhone iPhoneの基本設定

パスコードを変更する

更新日:

iPhoneのパスコードとはロック画面を解除する際に使うパスワードの事で、iPhoneを置き忘れたり、紛失した時にiPhoneのデータを保護する重要なものです。iPhoneでは電話帳やメール等最高度のプライバシーに影響を及ぼすデータが入っています。そのため、パスコードは重要であると認識する事が大切です。

iPhoneのパスコードは以前は4桁が標準でしたが、iOS9以後は6桁になっていますが、「000000」や「999999」などでは論外です。パスコードは英数字の組み合わせで好みに設定出来ます。但し、パスコードを忘れると初期化が必要となるので、十分な注意が必要です。

iPhoneがTouch IDに対応しているのであれば指紋認証の設定をした上で、パスコードも正しく設定する事が大切です。パスコードを変更するには、設定、Touch ID とパスコード、「パスコードを変更」をタップします。
パスコードを変更

現在のパスコードを入力します。
現在のパスコード

「パスコードオプション」をタップします。
「パスコードオプション」をタップ

「カスタムの英数字コード」ないし「カスタムの数字コード」を選択します。ここでは「カスタムの数字コード」をタップしました。
カスタムの数字コード

新しいパスコードを入力します。桁数に制限はありません。「次へ」をタップします。
新しいパスコードを入力

新しいパスコードを再入力後、「完了」をタップします。
「完了」をタップ

iCloudセキュリティコード・・・と表示した場合は「使用する」をタップします。
iCloudセキュリティコード

パスワードを入力してOKをタップします。
パスワードを入力

尚、高いセキュリティを求める場合は、パスコード入力を10回間違うとiPhoneの全データを消去させる事も出来ます。設定、Touch ID とパスコードの一番下にある「データを消去」をオンにします。
「データを消去」

-iPhone, iPhoneの基本設定

Copyright© 自由気ままが良いね , 2017 AllRights Reserved.