ちょっと困った、そこが知りたかった、WindowsやiPhone

自由気ままが良いね

iPhone iPhoneのアプリ使い方

「ベッドタイム」の使い方

更新日:

iPhoneの「ベッドタイム」とは、独立したアプリではなく「時計」アプリにiOS 10から組み込まれた新しい機能で、規則正しい快適な睡眠のために、就寝時間の通知や睡眠時間の記録を管理するものです。

ベッドタイムを設定するには、「時計」アプリを起動し、画面下部中央の「ベッドタイム」というアイコンをタップします。初めてタップした際は次の画面を表示します。「設定」をタップします。
「設定」をタップ

起床時間をダイヤルを回転させて設定します。「次へ」をタップします。
起床時間をダイヤルを回転させて設定

アラームを解除する曜日を設定します。解除したい曜日をタップすると解除されます。ここでは土日を解除しました。「次へ」をタップします。
解除したい曜日

睡眠時間をダイヤルを回転させて設定します。「次へ」をタップします。
睡眠時間をダイヤルを回転させて設定

就寝時間前のリマインダー(通知)を設定します。タップしてチェックします。「次へ」をタップします。
リマインダー(通知)を設定

起床時のサウンドを設定します。タップしてチェックします。「次へ」をタップします。
起床時のサウンド

これで設定完了です。「保存」をタップします。
「保存」をタップ

就寝時間や起床時間を変更する場合は、月とアラームのアイコンを回転させる事で調整出来ます。
就寝時間や起床時間を変更

就寝時間が近づくとリマインダーが通知します。
リマインダーが通知

通知をタップすると「10分後に通知」、「今すぐ就寝」を選択出来ます。
通知をタップ

起床時間になるとアラームが鳴ります。すぐ起きるのであれば「停止」をタップし、 スヌーズをタップすると9分後にアラームが再び鳴り出します。
アラーム

-iPhone, iPhoneのアプリ使い方

Copyright© 自由気ままが良いね , 2017 AllRights Reserved.